2010年8月 6日 (金)

ディズニー・バケーション・クラブ(3) メリット&デメリット編

この記事は管理人あさぎがバケーション・クラブ・ガイドから聞いた内容を再構成したものです。すべて口頭で聞いた内容ですので、私の主観・解釈等により事実と異なる内容が含まれる可能性があります。実際にご自身で納得のいくまでバケーション・クラブ・ガイドの話を聞いたうえでご契約ください。万一この記事によりトラブルが発生した場合でも、管理人あさぎは一切の責任を負いかねます。ご了承のうえ、ご参考程度にお読みください。

■DVCのメリット
DVC会員ではないと宿泊できないディズニー・バケーション・クラブ・リゾートは最大の魅力だと思います。現在売出し中のベイレイクタワーはマジックキングダム(MK)直近かつ最新のリゾートでもあります。会員専用ラウンジではMKの"Wishes"などがリアルタイムで室内に流れる音楽付で見られます。
また、年間パスポートと同じで一度購入してしまうと、50年間権利が持続するわけですから、毎年旅行しようという気になれます。会員になることで半ば強制的に旅行しようという意欲がわいてくるんですね。このワクワク感は日々の生活に潤いを与えてくれるでしょう!ポイントを消費しないと…という強迫観念にも繋がりますが、どんな旅行をしようか年間を通して計画を立てるだけで楽しくてしょうがないと思います。
他にもDVC会員というだけでさまざまな特典が受けられます。

■DVCの不安要素
一番の懸念材料は値上がりし続ける年間管理費。年間2~4%と言えど、50年間保持し続けるとものすごい値上がりとなります。オールド・キーウエストは約20年間で年間管理費が約2倍になっているそうです…(「柿の種漂流記」さん参照) この年間管理費を払い続けることができるかという観点で私はDVCをあきらめました。現在60,000円がいずれは100,000円/1年を超えるという可能性も大いにあるわけです。さらにポイント制と言えど、航空機代やパスポート代は別途必要ですから、年間いくら払って旅行するのかという疑念が…。DVC側は「5~8年くらいで元が取れる」と言いますが、その試算とて正規料金とDVCポイント換算を比べてみた場合の話。WDWのホテルは40%OFFとかたまにやってるし、必ずしも正規料金で泊まるとは限らない。むしろ安いときにしか行かない場合もあるわけですから、果たして10年満たずして元が取れるのかどうか一概には言えません。さらに言うと、10年後の自分の経済状況が全く見えない今の状態で贅沢品に手を出していいのかと不安もあります。
そして、年間管理費が払えなくなったら、この不動産を手放すことになります。中古として市場に放出し、買い手がつくまでディズニーが仲介してくれるそうです。ブランドイメージを下げないために、価格割れする前にディズニーが介入して回収するとのこと。具体的な話は定かではないですが、権利を保持できないための逃げ道もあります。

■DVCに向いてる人
ディズニーはファミリーエンターテインメントですから、DVCもやはりファミリー層には向いてると思います。定期的に海外旅行に行く人や家族そろってディズニー好きなど。部屋タイプも完全に大人数向けですし。ポイントを消費する際も「1部屋」単位なので、1部屋当たりの収容人数が多いほど得ですよね。家族のひとりがオーナーになれば、他の人は航空機代とパスポート代くらいでいいのです。他には夫婦や固定のパートナーがいる人など。
逆に向いてないのが単身者。私みたいに一緒に行く人がいないとつらいですね。仮に私がオーナーになって1部屋単位で借りようと、4人家族が借りるのと同じポイントを消費するわけですから。単身者だろうがバケーションの固定同行者がいると強いと思います。日程を合わせて旅行できる人ですね。それ以前に長期休暇が取れる職業の人ではないと旅行自体が難しいですね…。せっかくDVCに入ってもTDRのディズニーホテルで消費していてはもったいないと思います…。WDW、DLR、クルーズラインでこそDVCの本領発揮ができる感じ。

■DVCの契約までの流れ
DVC東京モデルショールームに予約→ロビーでバケーション・ガイド(いわゆる営業)と今までの旅行歴などの話(契約に足る人物かの見極め)→個室でさらに詳しい話→ショールーム見学→契約
ロビーで話して、契約してくれそうな人だったら個室に移されるんじゃないかと予想(私の経験より)。興味本位で話を聞いて個室まで行っちゃうと、密室中の営業トークに負けて契約しちゃいますからご注意w 個室はビッグ5+スティッチの部屋があって、テーマキャラクターの大きな肖像画とフィギュアなどが置いてあります。指定はできませんw 私は運よくミッキールームに入れました(*´Д`)ハァハァ 個室ではタッチパネルモニターで金額や日程をシミュレーションしながら話を進めていきます。クルーズラインのPVとか夢のような話ばかりを聞くので、すっかり舞い上がってしまいます。気分はもうDVC会員で毎年どこに旅行しようか考えてる状態ですw 話が頂点に達したところで、アウラニのショールームを見学。ここで追い打ちをかけられるわけです!しかもアウラニにミキミニが出るキャラダイだと!?こりゃ契約するしかねーだろ!!┗(^o^)┛パーン となります。
でも待った待った!最後にお金のお話。ここでやっと冷静になってきます(金銭的に余裕がある人はそのまま安い!と思って契約するのかも…)確かになんだかんだ毎年海外パークに行ってる私にとってこの金額は安いかもしれない…だがしかし、年間管理費が値上がりし続けて払えるのか、と…。さらに毎年旅行し続けるのか、50年間も…?それは贅沢過ぎないか…?結局TDSが世界一好きなパークなんじゃないのか…?悶々と考えてしまいます。だけど、ここでディズニーの最終手段。「今日から一週間以内に契約すれば$XX安くなります。今は円高ですから、これが底値です!これ以上安いときはもうないですよ!」…そう言われたら今入らないと損する気分になるじゃない…orz 私はワンクッション置いて(両親に相談してから)数日後に返事することにしました。結果、今回は見送ることに。
理由1. 会員規約などがよくわからない
理由2. 年間管理費が50年間払い続けられるかわからない
理由3. 毎年海外パークに一緒に行く人がいない
私自身がDVCのことをまだよく理解していないから、このまま大金はたいて入会するのが不安でした。なぜなら契約前にバケーション・ガイドからいろいろ説明されるんですが、全部口頭なんです。それをメモする私。最近ようやく日本語版ができたというパンフレットに目を通しても、DVCの長所を謳った抽象的なことしか書いてないんです。ポイント換算一覧表とか会員規約が書かれた分厚い冊子が机上に置かれているんですが、それは契約後にもらえるもの…。しかもその冊子は全部英語!知人から聞いた話によると、契約を決めたらバケーション・ガイドが契約条件を長々と読み上げて、それに同意するかたちで契約が完了になるそうです。それはバケーション・ガイドが英語を訳して読み上げるのか日本語版が他にあるのか詳細は不明ですが、契約完了までたっぷり5時間かかったとか。DVCを漠然としか理解していない状態で契約してしまって、契約後に「契約前に聞いた話と違う!」となっても、英語で書かれた規約を盾にされてしまったら、太刀打ちできません。そこがすごく不安なんです。
そして、DVC会員になったら、その権利を他人に貸すのも自由なんです。例えば、Aさんがオーナーで、Bさん名義でクルーズラインを予約しました。Bさんは航空機代だけでバケーションを楽しめます。オーナーのAさんは損します。でも、Aさんの判断でBさんからお金をもらってもいいんです。営利目的でなければ、個人間での金銭売買も可能です。だから、年間管理費の支払いがつらくても、一緒に行った人からお金をもらえば、ある程度補填はできるわけです。…が、他人がどこまであてになるかわかりません。休暇が合うかもわかりません。結婚して身を固めたらDVCについてまた考えたいです。本音はもちろん入りたい!でも今の私の身では有効活用できないと思うのです。高い買い物ですから、みなさんもよーくお考えの上でご契約ください。何かの参考になれば幸いです。

| | コメント (32)

2010年8月 2日 (月)

ディズニー・バケーション・クラブ(2) 内容編

この記事は管理人あさぎがバケーション・クラブ・ガイドから聞いた内容を再構成したものです。すべて口頭で聞いた内容ですので、私の主観・解釈等により事実と異なる内容が含まれる可能性があります。実際にご自身で納得のいくまでバケーション・クラブ・ガイドの話を聞いたうえでご契約ください。万一この記事によりトラブルが発生した場合でも、管理人あさぎは一切の責任を負いかねます。ご了承のうえ、ご参考程度にお読みください。

■ことの始まり
プレオープン時に東京ディズニーランド>アドベンチャーランド>スクウィーザーズ・トロピカル・ジュースバー横>ディズニー・バケーション・クラブ・インフォメーションを訪れ、キャストに話を聞きました。ディズニー・バケーション・クラブ(以下DVC)は私にとって長年謎の組織でした。DLRやWDWに行くと、どのパークにもDVCのインフォメーションがあるんです。バスの広告にも。DVCキャストはカンバッジやシールを気前よく配ってくれますが、何なのか全くわからず英語のカタログ(TDL・TDSにも展示)を眺めるだけ。それが日本に上陸したとあっては気になって仕方がない!TDLのDVCインフォメーションでイクスピアリのショールームの予約を取ってもらい、詳しく説明を聞くことになりました。

■「ディズニー・バケーション・クラブ」とは?
「ディズニー・バケーション・クラブ」という期限50年のリゾート会員権を購入し、会員となること。この会員権は不動産であり、相続が可能です。登記や相続等についてはアメリカの関連法案(日本でいう民法に相当)が適用されます。つまり、アメリカに期限付の一時滞在型リゾートを購入するイメージです。そのリゾートのオーナー=所有者になるわけですから、"Welcome Home(おかえりなさい)"と声をかけられるわけです。
契約するにあたり、ディズニー・バケーション・クラブ・リゾートの中からホームリゾートを決めます。自分の拠点となるリゾートですね。各リゾートに定員があり、すべてのリゾートを選べるわけではありません。現在売出し中のリゾートに限ります。
<現在購入可能>
●アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ・ヴィラ(2011年オープン)
●ベイ・レイク・タワー・ディズニー・コンテンポラリー・リゾート
●ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ・ヴィラ(近日終了予定)
●ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラ
<購入不可>
●ディズニー・ビーチクラブ・ヴィラ
●ディズニー・ボードウォーク・ヴィラ
●ディズニー・サラトガスプリング・リゾート& スパ
●ディズニー・ウィルダネス・ロッジ・ヴィラ
●ディズニー・オールド・キーウエスト・リゾート
●ディズニー・ベロビーチ・リゾート
●ディズニー・ヒルトンヘッド・アイランド・リゾート
ホームリゾートには一般予約開始より前に予約できる優先的な権利があります。もちろんDVC会員ならば、ホームリゾート以外のリゾートに宿泊も可能です。
全世界のディズニーパーク、ディズニークルーズはもちろん、500ヶ所以上の提携リゾート等でバケーションを楽しむことができます。

■DVCの仕組み
DVCはあらかじめポイント(pt)を購入し、このポイント数に応じた宿泊などを楽しめる仕組みです。最低160ptを購入して会員となることができ、最高4000ptまで買い増し・保有できます。ポイントを使わない年は余ったポイントを8ヶ月後まで繰越できますし、多くのポイントを必要とする年は次年度のポイントを前借することもできます。各ホテル・リゾートごとにポイント一覧表があり、旅行シーズン・部屋タイプに応じたポイントを必要とします。WDW等はアメリカの旅行シーズンに合わせるので、感謝祭やホリデーシーズンはポイントが高くなります。同じく部屋タイプのグレードが上がるほど、多くのポイントが必要となります。
TDRのディズニーホテルも対象となっていますが、本国ディズニーの直営ではないため、ポイントは高めです。しかもカウントダウン(12月31日~1月2日)は対象外。それでもDVCが日本上陸するにあたり、ポイント交換手数料は廃止にしてもらえたそうです。ディズニーパーク以外の提携リゾート(ディズニーとは無関係な企業等が運営)に宿泊する場合は、手数料が発生します。
ポイントは原則宿泊費のみに充当されます。パスポート代・航空機代等はポイントではまかなえません。パスポート代や食事代(ダイニングプラン)はDVC割引が適用されます。
予約は簡単。アメリカにあるDVC日本語専用窓口(メンバーサービス)に電話してなんでも予約・問い合わせができます。日本時間に対応してアメリカ時間深夜も開いてます。メンバー専用フリーダイアルで国際電話代は無料!

■DVCに必要な費用
ホームリゾートを決めたら、DVC会員になるための契約を進めましょう。ここで一番知りたいのは金額です。初期投資となるポイント購入費・不動産登記代行手数料以外に年間管理費(年会費のようなもの)が必要です。いわば自分のリゾートの管理費を出資しているようなもの。内訳は複雑でリゾートの維持費等が含まれています。年間管理費はホームリゾートにより異なります。アニマルキングダム・ヴィラは動物がいるせいか、年間管理費が高めです。この年間管理費を払い続けることで会員権を毎年更新しているイメージです。リゾートごとにポイント付与月(ユースイヤー)が異なり、2年目以降は年間管理費を払うことでポイントを購入します。
※以下すべて2010年7月現在。$1=90円換算。
※時期、条件等により金額は異なります。あくまで試算としてお考えください。
<初期費用>
●初回ポイント購入費;全リゾート共通
1pt=$120
160pt×$120=$19,200(≒1,728,000円)
●不動産登記代行手数料;全リゾート共通
$252.9(≒22,761円)
最低初期費用 約1,750,000円
<年間管理費>
●2年目以降ポイント購入費;アウラニの場合
1pt=$4.31
160pt×$4.31=$689.6(≒62,064円)
●2年目以降ポイント購入費;ベイレイクタワーの場合
1pt=$3.78
160pt×$4.31=$604.8(≒54,432円)
年間管理費相場 約50,000円~65,000円
ここで重要なのは、年間管理費は毎年2~4%値上がりすること。物価が常に変動するように、お金の価値は時代とともに変わります。WDWのミネラルウォーターが$2から3年後$2.5になったように、年々確実に値上がりしていきます。初期費用は変わりませんが、年間管理費(1pt=$XXの金額)が値上がりしていくのです。数年間旅行しないからと言って、この年間管理費を払わずに停止することはできません。DVC会員であり続けるためには年間管理費を50年間払い続けないといけないのです。つまり、50年間ほぼ青天井で年間管理費は値上がりし続けるわけです。

次回、DVCのメリット・デメリットなど。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

ディズニー・バケーション・クラブ(1) 内覧会編

0801_1 ■ イクスピアリにオープンした「ディズニー・バケーション・クラブ」の東京モデルショールーム。7月9日頃からプレオープンし、7月27日にテープカットを行ってグランドオープンとなったようです。その内覧会に友人が招待されたので、便乗して参加してきました。ちなみに招待状が届いたのはディズニーホテル複数回宿泊者(10回以上)や「ディズニー★JCBカード」の高額利用者だとか…。7月29日~8月3日が内覧会で、その間も予約をした一般ゲストは随時案内しています。
0801_3■ 当日クラブイクスピアリ集合。まず、上質な台紙付メモ帳とうちわが入った紙袋を配られます。そして、抽選用紙を記入(抽選と称する個人情報収集)。参加者は30~50組くらいいました。名前は知らないけど、パークでよく見る顔がちらほら…。受付でショールーム見学順の番号に振り分けられます。定刻30分前に入場。DLRかWDWのキャストも多数お手伝いに来ています。ディズニー柄の冷たいミネラルウォーターをもらいました。子供や幸運な人はマウスイヤーをもらってました…。うらやましい…。 自分の番号を担当するキャストと挨拶して、そのままステージの方へ案内されて着席。客席で機材を構えるゲストが多すぎて笑えますww 私たちも一眼持って何を期待してるんだか\(^o^)/

0802_40801_5

0801_60801_7

■ キャストがステージに出てきて入念に…入念にマイクチェック…んん?と思いきや、そのままアカペラコーラスが始まりましたw この3人どこかで見たことある…と記憶をたどると、2年前のクリスマス、WFPのガゼボで小学生たちと一緒に歌ってた人たち(グループ名など失念)じゃないですかね?アメフログリを待ちながら見た記憶があります。ディズニーソングを美しいハモリで披露してくれたあとは、MCの2人が登場。この人たちも見たことある顔。多分ダンサー。なぜかアラビア衣装(バケーション→自由に→ジーニー→アラビアという連想らしいw)の男性MCは途中着替えて女性MCとおそろいのS.S.コロンビア号クルー…もとい客室乗務員の衣装になりました。準備が整い、ここからはDVCの説明。ものすごーく簡略化されてて、ゲストはぽかーんでした…。途中何度も「みなさーん、ついてきてますかー?」と聞かれましたが(^-^;) DVCの詳細は次回記事参照のため、ここでは割愛。説明後は抽選。劇団四季のディズニーミュージカルのうち好きな作品ひとつを見られるペア券を1名様(…)に。もちろんハズレ。MCが退場して一旦閉幕。順番に軽食コーナーへ移動しました。

0801_8 0801_9

0801_10 ■ 思ったより豪華な軽食!2011年オープンの「アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ・ヴィラ コオリナ・ハワイ」にちなんで、ハワイ料理でした。もっと食べたかった…けど、こんなときにありえない腹痛と、若い番号でショールーム見学の順番がすぐ来てしまったために、メニュー一周で終了…orz マンゴームースとチキンとモッツァレラのせトマト…ううう(´;ω;`)ブワッ 見学順が遅い人はステージに戻ってフラなどのハワイアンショーと軽食(´;ω;`)がゆっくり楽しめました。MCが「リロ~」と英語で言ってたんですが、ホントに出たんでしょうか?私たちはアマチュアっぽいフラを見ただけで終了…orz
■ クラブイクスピアリからモデルショールームへ移動します。そのまま予約者しか入れない2階へ。

0801_110801_12

0801_13 0801_14

ロビーとか超ハイスピードで回るもんだから、全然写真が撮れません。私はプレオープン時にゆっくり来てるのでいいですが、じっくり見たい方は個人的に来た方がいいですね。まあ、個人的に来て写真バシャバシャ撮るのはおかしいですけど(^p^) 上記写真のショールームはアウラニの2ベッドルームです。ちなみに部屋番号は1205。ウォルトの誕生日を意識してるんだろうか。もう一部屋、スタジオという一番安いグレードの部屋もありますが、今回は案内されませんでした。そちらは洗濯機はなく、お風呂も狭いです。それでも十分ですがね!
0801_15 ■ かけ足で見学した後に辿り着いたところにはなんと!!!ミッキーとミニーが!!!!キャラが出るっぽいことを匂わせる文章付きの招待状だったので、どこで出るかと一眼を常に構えて待ってたかいがありました!!!おおおお!暗いし興奮しすぎて叫びすぎた!他のゲストは冷静でした…orz だって見たことない衣装なんだよ!どうやって出るかわかんなかったし、まさかグリとは!ショーの合間に少し出るだけかと思ってました!1組につき自分のカメラ1枚(ワンショ可)、カメラマンによる撮影1枚でした。カメラマン撮影の写真は15分後にプレゼントされました。1組1枚。のちのち知ったのですが、この衣装とフリフリ衣装の2種類あったそうで。私たちは初見の衣装でラッキー☆何のために来たってDVCじゃなくてキャラ目当てだよ、すみません>< 所詮私なんて貧乏なキャラヲタなんですぅぅぅ>< 興奮しすぎて口が開きっぱなしでどうしたらいいかわからず棒立ち、奥にいたミニーとはハグも握手もできず、顔もろくに見えず…orz でも、ミッキーとハグして撮影中ずっと手を握っていて幸せでした!グリ後、オリジナルストラップをもらいました。バケーションガイドとのより詳しい話=商談はパスして帰宅。
■ 内覧会でもらったもの。2個あるものはうちわのみ。それとツアーを終えた後にもらったストラップ。完全にフリーライダーな私ですが、もりだくさんで楽しかったです。ディズニーのおもてなし→お金落としてね、な典型パターンの営業法を身をもって体験しました^^

0801_16

| | コメント (0)