2006年8月11日 (金)

メディテレーニアンハーバー

0811_1 ■ 今更ですがテーマポート紹介です。個人的メモも兼ねて。ドリームクルーズの広告を交えながらテーマポートの背景を探っていきます。まずはメディテレーニアンハーバー。広告からの引用です。

"Stop in exotic ports of call like Mediterranean Harbor, where you can enjoy the charms and hospitality of Southern Europe, famed for its characteristic architecture, exquisite cuisine, a serene and temperate climate, and the affability of the local population!"

「メディテレーニアンハーバーと呼ばれるエキゾチックな港に立ち寄ります。そこでは特徴的な建築、すばらしい料理、うららかで穏やかな気候、愛想のよい地元住民などで有名な南欧の魅力ともてなしを楽しむことができるでしょう!」

一文目前半が文法的によくわからなくて、ニュアンスで適当に訳しました…。文章の内容は、日本人がイタリアと言われてイメージするものそのままですね。
■ 次、その下にある段落です。

"Aboard the S.S.Columbia, we entreat you to expect the finest gourmet cuisine, first-class staterooms with commanding views of the sea, and impeccable yet friendly service for the duration of your cruise."

「S.S.コロンビア号にご乗船の方々、最上のグルメに海を一望する最高級の客室、申し分のない、けれども親切なサービスをクルーズのあいだ終始ご期待ください」

これも宣伝でした。コロンビア号のサービスを受けてみたいなあ。せめて「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」とか「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」とか大人の世界に足を踏み入れてみたいです。私はいずれも未経験です。まあ、お酒飲めないので行っても楽しくないんですが…。
■ さて、メディテレーニアンハーバーはTDSの玄関口です。ゲストはエントランスをくぐってディズニーシー・プラザでアクアスフィアを見、これから始まる七つの海をめぐる冒険に思いを馳せます。そして、ミラコスタ通りのアーケードをくぐり、現れるのは雄大にそびえ立つプロメテウス火山。まずここで景色の美しさに感動します。これはTDLでワールドバザールのアーケードをくぐってシンデレラ城を見て感動するのと同じですね。視野を狭めるアーケードがあることで感動が増すという手法です。メディテは3つのエリアで構成されています。

・ポルト・パラディーゾ
 「パラダイスの港」の意。ハーバーを見渡すエリア。ポルトフィーノがモデル。この名前の由来を語ったカーニバル「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」はTDSグランドオープンからの5年間にふさわしいショーだった。
・パラッツォ・カナル
 「宮殿の運河」の意。「ヴェネツィアン・ゴンドラ」、「リストランテ・ディ・カナレット」があるエリア。ヴェネツィアがモデル。宮殿とはヴェネツィアにあるドゥカーレ宮殿のこと。
・エクスプローラーズ・ランディング
 直訳すると「冒険者の上陸」。プロメテウス火山のふもと「フォートレス・エクスプロレーション」があるエリア。1500年代に"Society of Explorers and Adventurers"、略して"S.E.A."という学会が建設した要塞(フォートレス)。ポルトガル、サグレスにある「サグレスの要塞」がモデルだとか。フォートレスのモデルの詳細は「ホリ蔵のシー日記」さん、今週の「夢の通り道」-9をご参照ください。

以上、概要だけ。メディテとアメフロは奥深いので後日掘り下げようと思います。
■ 次にメディテレーニアンハーバーの時代設定はいつなのか。「20世紀初頭」とよく表記されていますが、厳密にいつなのか。講談社『ディズニーリゾート物語』第1号p.35に『南欧の港町で1901年の時代設定』とあります。しかし、同第13号p.14に掲載されている写真、「カフェ・ポルトフィーノ」にあるザンビーニ兄弟のワインのラベルには「1907」「1909」と書かれています。ワインって普通作った年をラベルに記載するんですよね?最近TDS5周年を記念したワインが他でもないTDSで発売されたそうですが、それは2004年ものだとか。じゃあ、ザンビーニ兄弟のワインの年号も作った年と考えていいんですよね。だとしたら、1901年っていう時代設定おかしいですよね。せめて1909年以降と考えられるはず。私はアメリカンウォーターフロントと同じ1912年ではないかと推測しています。そして、証拠は「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」にある私書箱。公式サイトのダッフィーのページのヴィレッジガイドでもこの私書箱が紹介されています。私が8月2日にこの私書箱を見に行ったとき、東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーのアントニオ・カナレットからの手紙が届いていました。その手紙か他の手紙か失念しましたが、消印は"FEB 1912"、つまり、「1912年2月」でした。だから、メディテの時代設定は1912年が有力だと思うわけです。…以上が今考えうる限りの仮説です。もっといろいろ調べてみないとわかりませんね。余談ですが、「リストランテ・ディ・カナレット」の経営者(モデルとなっただけ?未確認)ジョバンニ・アントニオ・カナレットは実在した画家です。しかし、生存期間は1697-1768年。…このへんの矛盾は気にしない方向で。

<参考>
『ディズニーリゾート物語』第6号 講談社 p.27

| | コメント (0)