2011年11月 6日 (日)

テーマポートのクリスマスツリー 2010

■ 昨年アップしそびれた各テーマポートのクリスマスツリー デイ&ナイトです。画像はクリックすると拡大します。今年も同じクリスマスツリーが登場していますが、一部テーマポートのツリーは細部が異なるので、変更点を探してみてください。

<メディテレーニアンハーバー>

Harbor_dHarbor_n

<アメリカンウォーターフロント>

Cape_dCape_n

<ミステリアスアイランド>

Mysterious_dMysterious_n

<ポートディスカバリー>

Port_dPort_n

<ロストリバーデルタ>

Lost_dLost_n

<マーメイドラグーン>

Lag_dLag_n

<アラビアンコースト>

Arab_dArab_n

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

5周年フォトロケーション:メディテレーニアンハーバー(2)

05131 ■ 5月1~13日まで母の日を記念して限定で登場したメディテレーニアンハーバーのフォトロケーションです。両サイドに"Mother's Day"と記されたカーネーションの花壇が登場。なぜここのフォトロケなのかは謎。「ロミオとジュリエット」、イタリア、ローマ等特に関係ありません。以前調べたところ、母の日にカーネーションを贈るのは、キリストが処刑されたときに聖母マリアが流した涙が地に落ちたとき、そこからカーネーションが咲いたからというエピソードを知りました。しかし、先程調べたところ、諸説あるみたいですね。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

5周年フォトロケーション:テーマポート総括・クリスマス編

122511225212255

1225312254

■ メリークリスマス!原点に戻ってクリスマスのデコレーションを施された5周年フォトロケーションのご紹介です。左上からメディテレーニアンハーバー、ミステリアスアイランド、ポートディスカバリー、アメリカンウォーターフロント、マーメイドラグーン。「5周年フォトロケーション」のカテゴリーで通常版と比較してご覧ください。時空を超えた未来のマリーナ、ポートディスカバリーにもクリスマスの概念があるのに驚きです。イスラム圏のアラビアンコーストではクリスマスがないので、フォトロケもいつもどおりです。中南米をモデルにしたロストリバーデルタではポインセチアの野性的なツリーが魅力的ですが、ドナルドのフォトロケは何も変わっていません。

| | コメント (3)

2006年8月 6日 (日)

5周年フォトロケーション:ポートディスカバリー(1)

08061 ■ 最後はポートディスカバリーです。エレクトリックレールウェイの乗降場所付近にあるのではと予測していたのですが、全然予期せぬ場所にありました…。場所がわからなくてカストさんに教えてもらいました…。アクアトピアの出口付近にひっそりと立っています。が、フォトロケ自体は大きくて立派です。近くで撮りすぎて、グーフィーの顔が見えませんね…。
■ 時空を超えた未来のマリーナのフォトロケに書いてあるのは以下の文章です。

08062"The scientists at the Center for Weather Control have created this monument to honor the 5th Anniversary of Tokyo DisneySea.
This Goof-bot has been created with the most technorogically advanced production techniques and state-of-the-art materials in order to provide maximum Goof-ability."

「気象コントロールセンターの科学者たちは東京ディズニーシーの5周年に敬意を表してこの記念碑をつくった。このグーフボットは最先端の生産技術と素材で最大限の「まぬけ能力」を供給するためにつくられている」

■ 気象コントロールセンターはストームライダーを開発した研究所です。"the most technorogically advenced"は「最先端の」、"state-of-the-art"は「現在到達しうる最先端の科学技術」でほぼ同義なので、一括りに訳しました。このグーフィーのロボットはその名も"Goof-bot"と言うそうです。よくわからないのが最後の"Goof-ability"。"Goofy"がそもそも英語で「まぬけ」という意味、"ability"は「能力;~できること」という意味だから、直訳して「まぬけ能力」??…お手上げでーす。うまく訳せませんが、推測するに、「遊び心のある科学」というニュアンスではないかと考えています。ポートディスカバリーは『いまから100年ほど前、20世紀初頭の時代の人々が、思い浮かべていた未来の世界(*1)』だから、TDLのトゥモローランドのように現在の未来ではないのです。まさに「時空を超えた」、私たちが今いる時系列とは別の場所で成立している未来です。そこでは、ストームを消滅させる機械が発明されたり、潜水艇コンテストが行われていたり、科学と海が共存しています。そうした最先端の科学におもしろみや遊び心を加えているのが、ポートディスカバリーの人々(科学者)ではないでしょうか。だから、このグーフボットは「遊び心のある科学」を象徴・奨励するものなのではないでしょうか?

(*1)『ディズニーリゾート物語』第1号 講談社 p.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

5周年フォトロケーション:アメリカンウォーターフロント(1)

08051_1 ■ 昨日帰りました。2日半いましたが、やり残したことばかりです。ランドの期待してなかった「クール・ザ・ヒート」が思った以上によく、困っちゃいました…。暑かったけど、楽しく過ごせました。次はミラコスタのサマーパーティーで17日に行ってきます。
■ さて、やっと写真が撮れました。アメリカンウォーターフロントのフォトロケ寄贈者はもちろんこの方。世界一お金持ちのアヒル兼ドナルドの叔父、スクルージ・マクダック。彼の経営するマクダックス・デパートメントストア前の金貨の噴水の中にあります。エラそうな威厳たっぷりのポーズが非常にスクルージらしいです。08052
■ 碑文にはこう記されています。

"McDuck's Department Store and
its President, CEO, and Principal Investor
           Scrooge McDuck
are pleased to present this statue
in honor of the great celebration."

「マクダックス・デパートメントストア社長兼CEO(最高経営責任者)兼主要投資家スクルージ・マクダックは、すばらしき祝祭を記念して、この像を寄贈することを光栄に思う」

■ 訳がうまくいきませんが…こんなようなニュアンスでしょう。ちなみにこの噴水の水はレストラン櫻の前を流れるハドソン川からひいているそうです。スクルージにもまだまだ秘密があります。もちろんマクダックス・デパートメントストアにも!長くなるのでそれはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

5周年フォトロケーション:テーマポート総括

All
■ このブログなんかうまく画像が並べられないのでわざわざ自分で画像を繋げました。各テーマポートの5周年ロゴ一覧です。上段左からメディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント、ミステリアスアイランド、ポートディスカバリー、ロストリバーデルタ、マーメイドラグーン、アラビアンコースト。こう見ると、各テーマがうまく表現されててすばらしい!私はメディテレーニアンハーバーが一番好きなのですが、このロゴではミステリアスアイランドが好きかな。どの「5」の後ろにも星マークがありますが、マーメイドラグーンだけヒトデなのはご愛嬌ですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

5周年フォトロケーション:ロストリバーデルタ(1)

0723 ■ 今回はロストリバーデルタ。ディズニーキャラのフォトロケ、このエリアはドナルドです。一番大きな橋「プエンテ・ブエナ・ヴィスタ」の手前「トロピック・アルズ」付近にあります。←のドナルド像ともうひとつが対になって向き合うかたちで設置されています。"!Bien Venidos!"はもう1体の方に"Welcome"とありますから、お察しの通りロストリバーデルタのモデルとなる中南米の言語、スペイン語で"Welcome(ようこそ)"という意味です。余談ですが、スペイン語はエクスクラメーションマーク、いわゆるビックリマークを言葉の文頭と文末両方につけるそうです。"(逆さ)!"を文頭に持ってくるんですね~。余談その2。ブレイジング・リズムに使用されている"!Fiesta!"もタイトルはスペイン語です。意味はご想像通り「祭り」。
0723207234

■ 街灯のデコレーションにある5周年のミッキーロゴの左耳に何やら書かれています。「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」で使われている食器みたいでいいですよね!

"!Bienvenidos al Delta del Rio Perdido!"

「ロストリバーデルタへようこそ!」

単純な言葉でした。もっとおもしろいこと書いてあるか期待したんですが…残念。スペイン語の"Rio"が"river"、"Perdido"が"lost"という英語にそれぞれ該当するので、"Lost River Delta" です。
07233 ■ また、「ロストリバーアウトフィッター」の扉の上のデコレーションのミッキーロゴには"Gracias(ありがとう)"の文字が。他にもハンガーステージ前の橋「プエンテ・デル・リオ・ペルディード」には大々的なデコレが施されています。ロストリバーデルタは歓迎ムード一色のようです。インディ・ジョーンズの方にも何かフォトロケやデコレがあるかもしれませんが、まだ未確認なのであれば後日。
■ 5周年フォトロケシリーズ~テーマポート編はひとまず終了です。理由はポートディスカバリーはフォトロケをまだ発見してないこと、アメリカンウォーターフロントはろくな写真がないこと。次回インが8月1日なので、それまではどうしましょうかねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

5周年フォトロケーション:アラビアンコースト(1)

07224_107223_3■ アラビアンコーストの入り口にあるのがこのフォトロケ。左にジャスミン、右にアラジンに変身したジーニー。どこかで見覚えあるなと思ったら、スペシャルイベント「アラジンのホールニューワールド」でメディテレーニアンハーバーを飾っていた本物のアラジンとジャスミンのフォトロケと似てます!…が、当時の写真を調べてみたところ、2人ともポーズが違っているので、ただ似ているだけでした。ジーニーのシルエットが逆三角形なのでなんだか笑えますよね。そういえば、このアラビアンコーストもジーニーの魔法で出現した場所という設定でした。
■ このフォトロケにも碑文があります。

07221_1 07222

■ まずはジャスミンの方から。

"To create a statue like this sure takes a lot of Jas-minerals."

「このような像をつくるためには、本当にたくさんの鉱物が必要だ」

意味の通る日本文に訳すと非常に味気ないですね。なんでそんな当たり前のことを今更?って感じですよね。まあ、それが英語と日本語の言語が違う難しさってわけで…。英語をご覧ください。"Jas-mineral(s)"なんて英単語はありません。"mineral"で鉱物。これがジャスミン(に変身したジーニー)の像であることを考慮に入れて、前者の単語を見ればもうおわかりですよね?"Jasmine"と"mineral"をかけた言葉遊びです。

■ 赤がイメージカラーになっているアラジンの方。

"Hey, check me out! Brains and Bronze! How's my Tokyo DisneySheen?"

「ちょっと、オレをよく見て! 脳とブロンズをね! オレのつやはどうだい?」

これも意味不明。まず、"Brains(脳)"と"Bronze(青銅)"をかけています。わざわざ韻を踏むために"Brain"が複数形になっています。この像はブロンズ像(舞浜駅からTDLに向かうペデストリアンデッキにある13体のディズニーキャラクターの像もブロンズ像です)らしいです。「ブロンズ(青銅)→つや(光沢、輝き)がある」の連想で、最後の"Sheen(輝き、光沢、つや)"が導き出されます。さらに"Tokyo DisneySea"と"Sheen"をかけてあります。ジーニーすげえ!
■ 非常にジーニーらしい文章でした。が、私は映画「アラジン」を日本語吹き替えでしか見たことがなく、天才(と言っても過言ではない)声優山寺宏一さんのジーニーしか知りません。本家の声優も有名なコメディアンらしいので、機会があったら字幕で見てみたいですね。本家英語ジーニーもこんなにジョーク交じりでしゃべっているんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

5周年フォトロケーション:マーメイドラグーン(1)

0721_1 ■ 案の定あんまりインできないので、ネタはあるけど写真が尽きてきました…。いつでも行けるんですが、こう雨ばかりだと私の足も遠のきますよ…。でも毎日更新目指して写真をしぼりだしてがんばります。
■ さて、今回はマーメイドラグーンです。TDSを反時計回りに進み、ミステリアスアイランドから抜けると、このフォトロケに出合います。パステルカラーとゴールドに真珠の飾りがステキです。アリエルの友達が左からスカットル、フランダー、セバスチャン、カメ。…ええっ!?アリエルの友達にカメなんていたっけ…?ググってみたけど、名前わからず…。左にトリトン、右にアリエルからの手紙がそえられています。 テーマポートのフォトロケはそれぞれ代表者が寄贈したもののようです。マーメイドラグーンはもちろんトリトン&アリエル親子です。
■ 左のトリトンの手紙は手書きっぽく読みにくい筆記体です…。

07212_1  07213

"Let both the people of the sea and the land rejoice on this most festive occasion of the 5th anniversary of Tokyo DisneySea!
                        His Royal Majesty, Triton"

「東京ディズニーシーの5周年は、海と陸両方の人々を喜ばせる最高の祝祭の場だ! 王 トリトン」

■ 次はアリエル。優雅な美しい書体です。

"My friends and I are very happy to have been able to make so many wonderful new friends in the past 5 years, and we hope to make even more in the future!
                                                 Her Royal Highness, Ariel"

「私と友達(フランダーたちのこと)は今までの5年間でたくさんのすばらしい人々と新しく友達になれて、とても幸せだわ。そして、私たちはこれからも、もっともっとたくさんの友達をつくることができたらいいな! 姫 アリエル」

■ 2つとも英語独特の手紙の結びをどう訳していいか難しいところです…。"His Royal Majesty"は「陛下」、"Her Royal Highness"は「殿下」というのが辞書の直訳ですが、王族が自ら敬称で呼ぶのおかしいし、自分の身分を示してるのかな?と勝手に解釈。アリエルの手紙は一人称が"we"なので、フランダーたちを代表した意味もこめた内容です。ともあれ、「スカットルのスクーター」などがあるアバブ・ザ・シー(海上)とキング・トリトン・キャッスル内のアンダー・ザ・シー(海底)で構成されるマーメイドラグーン。TDSができて5年間、陸の人とも海の人とも交流がさかんになり、アリエルはたくさんの友達ができたそうです。このTDS5周年が海と陸の交流をさらに密にし、トリトン王もお喜びのご様子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

5周年フォトロケーション:ミステリアスアイランド(1)

0720 ■ TDSの中心ミステリアスアイランドにあるのがこのフォトロケ。直線だけで構成されたプルートです。頭にアンテナ、手にはなにやら円盤らしきものが。この円盤が太陽光を吸収してたりとか?太陽光発電ではないかと推測します。土台には計測器もあります。5周年のミッキーロゴの耳や計測器にもNemo船長の"N"が入ってるのが特徴です。
■ そして、このプルート像にも文章が記されています。

"It is only by delving into nature's
secrets that we can learn to safely
harness her power. With her by our
side. Any project is possible! Nemo"

「私たちが自然の力を安全に利用する術を学ぶためには、自然の秘密を徹底的に調べること以外にない。自然は常に私たちとともにある。不可能な計画などないのだ! ネモ」

07202■ 地熱発電を利用したヴォルケイニア・レストランがあったりと、自然の力を生活に取り入れているミステリアスアイランド。そんなふうに自然とうまく共存していくことをネモ船長は勧めています。自然はときには驚異にもなります。まず相手(自然)をよく知ったうえで利用しよう。自然の可能性は無限大である。そんなニュアンスですね。…と、この文章を理解して初めて、このプルートの像が太陽光発電であると断言できます。自然の力を利用してますからね。やっぱりフォトロケひとつでも奥が深いのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)