« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月10日 (金)

「無限の海へ」今後の展望

■ 以前ほど時間がとれなくなって情報の鮮度をすっかり逃している当ブログ。書きたい・調べたいことが何だったかすら思い出せない始末。自分用の備忘録。

・HKDL「ミスティック・ポイント」>「ミスティック・マナー」
dpost.jp - 香港ディズニーランドと東京ディズニーシー、そしてダウンタウン・ディズニーをつなぐ「ミスティック・ポイント」のストーリー

・DLP「ファントムマナー」と「ビッグサンダーマウンテン」のBGSはつながっている。
Ravenswood Manor - A Tribute to Thunder Mesa at Disneyland Paris
@Disney_ParisEN Our Frontierland is the only to have the story of 2 major attractions connected, Phantom Manor & Big Thunder Mountain http://t.co/B3Q7c0nz9j
@Disney_ParisEN Phantom Manor once belonged to the owner of the Big Thunder Mining Company!

・2013.01.14 東京ディズニーシー雪景色2013

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

東京ディズニーランド30周年

■ 1983年4月15日にグランドオープンした東京ディズニーランドが2013年4月15日に30周年を迎えました。幸運にもその記念すべき日にTDLに行くことができたので、その日のレポートです。

5:40 

0102_2

開園待ちの先頭集団がざわつき始める。何かと思えばエントランスに30周年の衣装に身を包んだミッキーとミニーが登場!バナーの前でポーズをとったりキャストと打ち合わせ。手をつないで花壇の前まで歩いてくると、ゲストへ手を振ってくれた。どうやら「ZIP!」生放送のリハのよう。関根麻里氏、山口達也氏たちとハグする姿も。うらやましい…。

5:50
「ZIP!」放送開始。ミッキーとミニーが突然やってきて出演者が驚く演出だったが、ミキミニはカメラに映らないところで手をつないでラブラブ待機していましたとさw それに出演者とは先にハグしてるじゃんというツッコミがw 生放送中「撮影しないでください」というボードがテレビスタッフからゲストに向けられていた。だがしかし、出演者に興味がある者など先頭ヲタ集団には皆無であり、みんな「おまえらなんて撮ってねーよww」とささやきながら待機するミキミニへシャッターを切っていた。

7:45
ホテルゲート開門。全速力で疾走していく人々。数分後の7:53、Twitterを見ていた人から「城前座り見埋まった」と声が上がって周囲がざわついた。セレモニーが8:45から行われるという事前情報も某新聞社のネットニュースに掲載されていたのがTwitterで一斉に拡散された。

8:00

03

開園。ワールドバザールにはハピネスバルーンを持ったキャストの花道が。泣きながらキャストに手を振りプラザを目指す。すでに城前座り見は満員で閉鎖。脚立を使うプレスの後ろは見づらいため、サイドの立ち見で見えそうなところを探す。パレードルートも使うとのことだが、どうしてもセレモニーの様子が見たいのであった。

8:45
30周年セレモニー。早朝から雲ひとつない晴天だったが、15分前から曇り始め、あいにくの曇り空の下でのセレモニーだった。グランドオープンや幾多の雨男ミッキー伝説を考えればぜいたくは言えないか。アンバサダーの司会、加々美会長等のスピーチのあと、上西社長のハピネスイヤー開幕宣言!そして、シンデレラ城から現れたのはミッキー、ミニー、ドナルド…その他大勢のディズニーキャラクターにダンサー!これでもかこれでもかと現れる…!懐かしの「ミッキー・マニア」ダンサーまでいる…!

0405

色とりどりのハピネスバルーンを持った豪華な衣装のミッキーたちにたくさんのディズニーキャラクター、ダンサー…まさにそこにハピネスがあった。その色鮮やかなセレモニーを見ながら涙が止まらなかった。この瞬間ここにいられたこと、My Happiness is Here!!
その後、ミッキーとミニーとアンバサダーは改良ナミナミナフロートに乗ってパレード。セレモニーの出演者全員が一斉にパレードする超豪華仕様!ミッキーがフロートの上でぴょんぴょん飛び跳ねるからか、トゥーンタウンではミッキーのバルーンをミニーが持ってあげていたw ミッキーのバルーンは水色、ミニーのバルーンは赤色(重要)

06

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »