« パイレーツ・オブ・カリビアン(1) | トップページ | 閑話休題 WDW編 »

2007年3月15日 (木)

パイレーツ・オブ・カリビアン(2)

0315 ■ WDWのジャック・スパロウは通常、アトモス風のショーに出演するだけでしたが、カリフォルニアのDLの彼はやりたい放題でした。DLはグリーティングもあります。いきなり手下の海賊(キャラコン)を2名ほど連れて登場し、ニューオーリンズスクエアを練り歩きます。普通にショップに入ってグッズを見たり、買い物するゲストにいたずらしたり、ベンチで休む人の隣に腰かけたり。"Jack Sparrow !!"と叫ぶゲストに"Captain"と映画さながらに修正するのも忘れません。ジャック・スパロウのいきなりの登場に唖然とする人、サイン帳を持って駆け寄る人、ゲストの反応は真っ二つに分かれます。グリは10~15分くらいと超短いです…。ゲストへの対応は映画の仕草そのもの。極めつけはグリ後に「帆船コロンビア号」に乗船してキャストよろしくアナウンスを始めるという…(左の写真)。すぐに人だかりができてしまう日本では絶対できませんね。現地のみなさんは遠巻きにジャック・スパロウを温かく見守っていました。余談ですが、海賊姿のキャラコンのひとりが"Orlando"という方で、オーランド・ブルームに目元がそっくりでした…。なんという偶然…もしくは粋なはからい…。
■ アトラクション「カリブの海賊」はWDW(MK)はアドベンチャーランドに、DLはニューオーリンズスクエアにあります。TDLはアドベンチャーランドのニューオーリンズの一角にあるので、外観的にはDLに近いものがあります。DLの方のリニューアル後の内容はWDWと同じ。ただ過去にさかのぼるまでの導入部がDLの方が長いので、いきなりデイヴィ・ジョーンズが出てこない分、こちらの方が雰囲気があって好きです。外観の写真撮るの忘れた…。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン(1) | トップページ | 閑話休題 WDW編 »

コメント

この人、遠目に見たらジャック本人にそっくりじゃないですか!
それにパフォーマンスも面白そうにやっていますね。
日本でリニューアルオープンした後も、こういう
キャラグリはどんどんやってほしいですね。
実物の人間ってのもまた味があるもんです、ちょっと前に
USJに行ったときは、喜劇王チャップリンが
いました。
後で撮った写真をみましたが、まるで本人そっくり!

投稿: hiro | 2007年3月16日 (金) 23:28

hiroさん、コメントありがとうございます。
この人は近くで見てもジャックにそっくりでした。
ジャックは化粧が濃いので、元の顔はそれほど気になりません。
5人くらい別のジャックに会いましたが、
仕草も含めてこの写真の人が一番それらしかったです。
…と、キャラ以外なら夢のない話もOKだったり…。

そうですね。日本でも登場したらステキですね。
ジャックにしろチャップリンにしろ、
実在する人物を演じるのは難しいでしょう。
その分そっくりだと驚きや感動も大きいですよね。

投稿: あさぎ | 2007年3月17日 (土) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パイレーツ・オブ・カリビアン(1) | トップページ | 閑話休題 WDW編 »